さようならの風が吹く

9月ももう終わりですね、雪太です。

週は秋分の日があったのですが、日曜の夜から体調を崩し、折角の祝日は寝て過ごす羽目になりました。季節の変わり目、体調には気をつけないとダメですね。

後半3日間は移動を控え怒涛の忙しさ、なんとかある程度片付いた感じですね。

木曜には戦国大戦のver.アップがありました。色々とルールも変わり、ますます面白みが増したように個人的には思います。まだ数回しかやってませんが新ver.のSR一枚目も土曜には無事ゲットし、相変わらずひきはそこそこな模様w

土曜にはもう一つ大事な出来事が。6年間共に過ごしてきたミストくん(二輪車の事)を手放しました。東京に来てから乗る機会が激減し、ほとんど乗れていなかったので、このまま腐らすよりほかの方の元へ旅立ってもらった方が彼のためにもいいかなっということでやっと決心でき、ついに送り出しました。どうか無事に次の方の元に行ってほしいですね。

さて、今日はこのへんで。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陽ツーリング

 こんばんは、雪太です。

 日曜日は連休ということで、相棒のミスト君(注・二輪車。空を飛ばないものだけを指す)と今週締め切りの課題がたまってるのにまたもやツーリングへと出かけました。今回は近場の備後・備中エリアに行ってきました。というわけで今回はそのレポです。

 今回は近場ということで朝9時ごろに出発。R2を一路東、まずは福山へと向かいます。R2はバイパスが多いんで、東広島、西条、三原、尾道、松永、赤坂とバイパスを抜けてくと思いのほかスムーズに進めます。

鞆の浦  最初の目的は、鞆の浦。開発がらみの裁判やら、"ぽにょ"やらで最近話題の場所です。高速1000円効果もあってか、結構な人出でした。雰囲気としてはノスタルジックな漁村って感じですね、軒先に開きとか干してあったりして。平日、あんまり観光客のいない時は瀬戸内のゆったりとした海と相俟ったのんびりした所なんでしょう。
干物  開発で色々もめているところなので反対派と賛成派両者の看板やら幟やらも目立ちました。僕は地元の人間ではないのでどちらがいいともいえませが、確かにかなり道が細く車同士の離合などで問題が生じてはいました。ただ経験上こういった場所は全国にどこにでもありますね、観光誘致の上では確かに障害と言えそうですが。
 一方、反対派の言うように港を横断道を通した場合、観光資源となっている鞆湾の景観は失われそうに感じました。ただ、観光を勧めるなら何らかの形で交通面の改善は必須でしょう。実際、狭路部での渋滞は観光での車が多かったように見受けられました。個人的には小さな町の中で2つに割れてGOかNOかで単純に争うのではなく、遺恨の残らないような形で解決方を見つけ出して欲しいと思いました。

備中松山城  うわぁ、なんか堅い話になってしまいましたね。気を取り直して旅の続きへ。鞆の浦のあとは岡山県は備中松山城へ。備中松山城は、現存12天守のひとつで、その中でも唯一の山城です。江戸時代には備中松山藩5万-6万5千石の政庁として機能し…以下略。城好きなんで本気で書くとA4に2枚くらいになっちゃうんで。いつかまとめたHPなんか作りたいな・・・ちなみに訪れた城としては40番目くらいです。山城なんでアクセスは結構大変だったけど、櫓系の遺構は少ないものの石垣、郭割りはよく残っていてなかなか面白かったです。やっぱり城は素晴らしい!周辺の武家屋敷とかも見学してきました。

 そのあとは帰路へ。素直に海沿いの都市部に戻ればいいものを渋滞がいやだったんで、新見(井倉あたり)-r50-r409-東城-r25-上下R432-R486-西条-R2って説明書いてもこの辺詳しくない人にはさっぱりだよね…という感じで山中を抜けてかえりました。途中、ショートカットのつもりで通った県道2つは、予感はしてましたが険道でしたねぇ。岡山r50は若葉マーク険道(一部離合困難箇所・路面悪)、r409は☆☆☆険道(離合不可・車両通行困難)ちなみにいずれも自己評価でした。ちょうど日暮れ時で泣きそうな気持ちになった…。酷道・険道学士(!?)の見解としてはr50はともかくr409は物好き以外通らない方がいいでしょう。☆☆☆はそういうレベルです。

 9時出発、21時帰宅なんでいつになく無難なツーリングでしたね。という訳で今回のレポは終了です。

参加中です、お願いします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ 学生ブログランキングへ

さてさて、無事に課題は終えられるかな・・・(´д`)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

九州ツーリング 後編

九州ツーリング旅行記、いよいよ後編です。
前の記事はこちら↓
前編 中編

阿蘇 高千穂のあとは阿蘇へ。ここからだと山をちょっと越えただけで行けます。阿蘇は06年夏以来ですね。阿蘇ではまず、火口の見学へ。前回は駅から6kmの道を歩き(しかも真夏に)仙酔峡からロープウェイで見学したので、今回は反対側からアプローチ。こっちからだと車両のままで山頂まで上がれるんですね、有料道路ですけど(二輪:100円)。阿蘇山周辺は大体草の茂った草原って雰囲気なんですけど、火口付近は火山活動の影響で、火山岩がごつごつした荒涼とした景色。前回見たときは角度的に見えなかったんですけど、火口には水(てかお湯)がたまっていてそこから噴煙?湯気?があがってました。鉱物の影響か水(だからお湯だって)は青緑色に染まってました。
米塚 火口見学の後は、お湯繋がり(?)ってことでここでも温泉へ。「どんどこ湯」ってとこに行ってきました。露天が広々としていてよかったです。そうそう、山を下る途中で米塚も見ていきました。米塚はよくポスターなどにも載っているので有名かもしれませんね。見事な円錐形で頂上付近がかつて火口だったためへこんでいます。
 温泉のあとはミルクロードとも呼ばれる外輪山上の道を走行。曇っていたのが残念でしたけど、大観峰などから阿蘇のカルデラを一望できました。そうして阿蘇を後にして、やまなみハイウェイで大分県は別府方面へ。途中、九重あたりでついに雨が・・・。バイクはその機動性と省スペース性で色々と便利なんですけど、最大の弱点はこの雨ですね。今回はGWツーリングの反省を活かし、ちゃんと雨天装備を用意していたので雨天装備に切り替え。ホームセンターで衝動買いしたヘルメット用の撥水スプレーが思いのほか効果を示してくれました。しっかし、雨は運転しづらい。視界悪いし、寒いし。
 こうして雨にあいながらも由布院を抜け別府へと。別府ときたら当然ここでも温泉へ。この旅、三つ目だ~ww今回利用したのは鉄輪にある「夢たまて筥」。来るのは三度目なんで、もう行きつけの店って感じですね。運転しっぱでだいぶ疲れてたんでのんびりさせてもらいました。ちなみに別府につくころには雨も止んでました。寒かったんでレインジャケットはずっと着てましたが。
 その後はいよいよ帰路へ。当初は別府から一時間ほど北にある竹田津港から徳山までフェリーで帰ろうかと思ってたんだけど、時間的に微妙だったんで運賃節約もかね結局広島まで走りとおすことに。フェリーでも別府~竹田津、徳山~広島間は自走だしね。21時ごろ出発して、結局家に着いたら3時ごろでした。

 というのが今回の旅でした。西日本にいるうちに九州を走っておきた~い、ってことで行って来た今回の旅行ですが、3日で九州一周はちょっと欲張りすぎましたね。各所の見学時間があまりとれてなかったのがちょっと残念でした。鉄旅でかなり周っているので九州の有名スポットは大体行ってるけどね~。これから寒くなるんでちょっときびしいかもしれないけど、もう一度くらい行ってみたいですね。
 P.S. 火山灰やら雨やらにやられたんで翌日はミスト君(注、バイクのこと)の洗車で大変でした。ワックスとかまでかけたんで1時間半ぐらいかかりましたよ( ̄▽ ̄)

参加中です、お願いします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

九州ツーリング 中編

九州ツーリング旅行記、中編です。当初は二部作の予定でしたが書いてて長くなったんで三部作になりました。
前編はこちらから。

 桜島上陸後、温泉で一休みした後は桜島内の見学です。まずは烏島展望台へ。ここはかつては独立した島だった烏島という島が大正噴火に飲み込まれ桜島の一部となってしまった場所です。周囲は溶岩地帯になっていてそれを見渡すことができます。ちなみにここから、少し行ったところには長渕剛のオールナイトコンサートを記念して作られた叫びのモニュメントがあります。そのあとは湯之平展望台へ。ここは北岳の中腹ぐらいにある展望台で、桜島岳はもちろん、錦江湾をはさんで鹿児島市内を一望できます。夜景とかきれいそうですね。
桜島 展望台を後に国道に戻ろうと走ってる途中山の方を見ると・・・うわ!煙吹いとる!!鹿児島に来るのはこれで4度目なんだけど、噴煙を上げた桜島ははじめて見ました。改めて活火山なんだなぁと実感。そのまま国道に沿って進み今度は有村溶岩展望台へ。ここに到着するとJustタイミングで新たな噴煙が上がったので写真を撮影(↑)。花の消費量も日本一なんだって。
埋没鳥居 有村溶岩展望台の後は、黒神の埋没鳥居へ。大正噴火により上の部分を残してほとんどが埋もれてしまった鳥居です。地理の教科書とかでも載ってるかな?こういうのを見ると、自然の力のすごさを感じてしまいます。
 こうして桜島を後にし、今度は宮崎方面へ。R220-R10-R-269-R10(霧島→曽於→都城→宮崎→日向)と本日の宿のある日向まで移動。これだけ一気に走るとさすがに疲れるなぁ、二日目だし。途中の道の駅「たるみず」からみた日の暮れはじめた桜島がきれいでした。気難しいけど勇ましい父のような桜島と、海の恵みを与えてくれる優しい母のような錦江湾に鹿児島は育まれているのかもしれませんね。おぉ、なんかうまくまとまったぞ!

9月22日
 この日は日向から出発してまずは高千穂へ。延岡からR218で1時間程でつきました。ここ高千穂は天岩戸伝説など神話が数多く残されている町であり、町内を流れる五ヶ瀬川によって作られた高千穂峡でも有名なところです。ということで、さっそく高千穂峡の見学へ。ここも高速千円効果か駐車場はどこも満車と込み合ってましたが、またまた二輪特権発動、真名井の滝にある二輪専用スペースに通してもらえました。
高千穂峡 到着後まずは有名な真名井の滝へ。この滝はボートで近くまで行くこともできるんだけど、現在のボート待ち時間は5時間の表示、ここはTDRか?!ということで、素直に陸からのみ鑑賞。滝からはしばらく遊歩道を歩き、高千穂神社まで参拝してきました。途中の階段、めっちゃしんどかったよ~。急峻な崖の下を滝のように川が流れる様子は涼やかで気持ちよかったです。

と、ここらでまた切ります。後編へと続く。

参加中です、お願いします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州ツーリング 前編

こんばんは、雪太です。今回の連休は九州へツーリングに行ってきました。というわけで、その旅行記です。

9月20日
 朝は6:30に出発・・・の予定がちょっとトラブル。始動前点検してみると、テールランプに異常、ブレーキに応答しない・・・。色々調べると、リアブレーキのスイッチ部がずれてました。原因がわかれば簡単に直せたけど、結局7:00ごろ出発。世の中は高速千円ばんざ~いムードが漂ってるけど、ETC非搭載のうちのミスト君(注、バイクのことです。)に全く関係なし、ってことでR2でひたすら西を目指します。山口県内はバイパスが多く快調に進んでいきます。防府の山陽道併走区間で高速を見ると・・・結構渋滞気味。いい気味だ~と若干思いつつ・・・、高速無料化したらどうなるのかなぁ。うまく分散すりゃいいけどどっちも渋滞したりして。
 4時間くらいで下関到着。関門トンネル工事中との事で、下関IC~門司港ICだけ高速・関門橋を渡ります。関門橋は大渋滞、おかげでゆっくり景色が見れましたよ(自嘲気味)。ちなみに関門橋通行料は100円です(二輪の場合)。
 橋を渡るといよいよ九州、R3でさらに西へ。九州に入ると道が混み始めました。やはり連休はみな何処かへ出かけるんだね。途中、宗像(小倉と福岡の中間ぐらい)で昼食。福岡ということで豚骨ラーメンにしました。豚骨はにおいがきついんだけど、味は結構好きです。
柳川  その後、福岡を通過して熊本方面へ南下。途中、佐賀の方へ寄り道しようかと思ったけど、時間的にきつかったのでスルー。さすがに、走るだけで一日を終えるのはいやだったんで、柳川にちょっとよりました。柳川は立花氏の城下町で、川下りが有名です。後、北原白秋とうなぎのせいろむしかな。柳川の雰囲気だけ楽しんだ後は、熊本へ。ここも時間なくてほとんど通過だったけど、熊本城だけはチラッと見てきました。その後は本日の宿、八代へ。
 いやー、一日で高速ぬきで八代まで来るのはさすがにきつかった。ほとんど移動の一日でした。

9月21日
 2日目。この日は八代から鹿児島へと向かいました。朝食はホテルのバイキング。ビジホでも朝食付きだとやっぱいいね。特製カレーが美味しかったです。鹿児島へは水俣をぬける海岸ルートと人吉をぬける山中ルートがあるんだけど、今回は山中ルートで。人吉までは球磨川沿いの快走道路。高速千円効果は結構高いようで、名古屋やら多摩やら遠方ナンバーが結構いました。
 人吉~えびの間には人吉ループってループ橋がありました。広島にも廿日市(はつかいち)に大野ループってのがあるけど、ぜんぜん規模が違いました。写真撮ろうと思ったけどはいりきらんかった・・・。
溶岩なぎさ遊歩道  そんな感じで山中を進んでいくと霧島到着。ここからは鹿児島湾(錦江湾)沿いに鹿児島市内へ。鹿児島手前では大渋滞が起きてたけど、二輪特権・すり抜けの術でスルー。鹿児島島市内は以前に見学してるので、今回は桜島へフェリーで移動。フェリー乗り場も混んでたけど、ここでも二輪特権発動。二輪は車より優先して乗せてもらえました、VIP待遇な気分ですね~。桜島ではまず港近くの遊歩道を散策。大正時代の噴火で出来た溶岩地帯に作られらた遊歩道です。道の両側がごつごつとした火山岩で覆われています。遊歩道を軽く見学した後は、近くにある桜島マグマ温泉へ。相変わらず温泉好きだなぁ~。300円でサウナとかもついてて、しかもフェリー港に近いんで、桜島に行ったらよってみるといいかもしれません。

長くなってきたんで、ここらでいったん切ります。後編中編に続く。
長くなったんで2編ではなく3編構成にします。

参加中です、お願いします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四国ツーリング

Map1250607444_114_154_137_198  どうも雪太です。先日の予告どおり四国へとツーリングへ行ってきました。一泊二日の日程でルート的には左の図みたいな感じです。(赤が初日、青が2日目)

8月16日
 早朝に広島を出発、まずは岡山へと向かいます。福山あたりまでは西条、三原、尾道とバイパスが多いのでおおむね流れがいいですね。倉敷付近で海沿いへと移動、瀬戸大橋を鷲羽山から瀬戸大橋を見てきました。こんな海峡を橋が横断している眺めは雄大ですね。岡山へと来たのは船で四国へ渡るためです(本四連絡橋はどれも高いので・・・)。宇野からフェリーで1時間ほどで高松へと到着しました。
P8160562  高松からは本日の目的地、室戸岬まで一気に南下します。曇りの予報だったんですけど見事に晴れてきて、走っているとはいえ暑くなってきました・・・。徳島経由で4時間ほどで室戸岬到着(思ったより遠かった・・・)。途中の海岸線沿いの道は横目に太平洋を見ながら、いいコーナーの続く気持ちのいい道でした。室戸岬は足摺岬みたいな断崖絶壁をイメージしていたんですけど、普通の石浜でした。室戸から今度は高知経由で新居浜へと。新居浜が初日の宿でした。

8月17日
P8170604  今日はまず新居浜から四国カルストへと。四国カルストに行くなら昨日わざわざ瀬戸内サイドに戻ってくる必要は無かった気がしますが・・・。まぁ、とりあえず四国山地の中をくねくねと進んでいきます。山間の道は結構涼しくて、走っていて気持ちのいい道でした~。途中道を間違え高知に出たりしていて時間をくいながらも昼過ぎには四国カルスト到着。カルスト地形は秋吉台で行ったことがあるんですけど、この四国カルストはかなりの高度の高原にひらけているので眺めは抜群、まさに360°のパノラマです。牛などが放牧されのどかな雰囲気でした。
P8170630  四国カルストの次は宇和島へと。途中、途中ポニーがいる牧場に立ち寄りました。ポニーのほかに山羊とかもいて実際にさわったり草をあげたり出来たので楽しかったです。宇和島では宇和島城を見学。残念ながら時間的に天守の中までは見れなかったんですけど、郭割とか城壁とかを見てまわりました。城跡はやっぱりいいです。宇和島からは松山へ。松山では道後温泉に入ってきました。温泉はやっぱり気持ちよかったです。松山からは今治に抜けて、しまなみ海道で帰ってきました。

 2日間の旅でしたが四国を色々まわれて楽しかったです。フォームを変えたせいかGWのときほど肩やくびも疲れなかったですし。ただ、グルービング工法の道が多かったのは難点でした。あの道はどうも苦手です、安定しなくて走りにくい、コーナーはこけそうで怖いし。特に松山から今治にぬけるR317は夜中真っ暗でただでさえブラインドコーナー状態なのに縦溝の追い討ちでかなりしんどかったです。でも、全体としては四国のキレイな自然を見てまわれたのでいい旅だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWツーリング Part.2

 GWツーリング第2弾です。今回は蒜山高原と城崎へと行ってきました。今回はかなり距離があったので早朝5時過ぎに出発。まずはR54で三次へと抜け、三次からはR183で蒜山へと向かいました。途中庄原は朝靄が出ていて、走ってると結構ぬれました。庄原からはしばらく芸備線と並走、その筋では有名な秘境駅道後山や、秘境ターミナル駅備後落合などのそばを抜けていきます。しばらく山中を進み9時頃には蒜山到着、そのころにはすでに結構な観光客が訪れていました。ちょうど菜の花が満開でやや曇り気味ながら大山もきれいにみられました。
Hiruzen_2  蒜山からは鳥取方面へ。途中鳥取では砂丘を見ていこうかと思いましたが、砂丘で砂像のイベントをやっていたようですごい渋滞が起きていたのでやめました。鳥取からは海岸線沿いを城崎方面へ。やっぱり日本海側の海岸線は荒々しい感じですね。途中では有名な餘部鉄橋も見られました(工事が始まっていましたが)。そうして3時過ぎに城崎到着。お決まりのように城崎では温泉に入ってきました。GWだけあってかなりの人出でした。
 城崎からは神戸の夜景でも見て帰ろうかとも思い山陽側へ。途中までは順調だったんですけど三田あたりで突然の雨。通り雨かと思いしばらく雨宿りしていたんですが、雨雲レーダーの様子から23時近くなっても止まなそうだったので。帰宅強行。はじめての高速は最悪の雨となりました。結局、広島県内に入るまで雨は止まず、かなりぐしょ濡れになりました。そうして何とか4時過ぎに帰宅、23時間にわたるツーリングとなりました。
 今回2度にわたり長距離ツーリングをしたわけですけど、長距離ずっとのっているとさすがに疲れますね。あと改めて雨に弱いことを実感しました。でも、いままであまり行くことができなかった山陰側をいろいろまわれたの良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWツーリング Part.1

Akiyoshi  GWということでツーリングに行ってきました。今日は第一弾ということで山口県は秋吉台と角島へ行ってきました。高速が1000円になりましたが、ETC非搭載のうちのバイクには関係ないのでおとなしく下道で出発です。途中徳山の手前まではR2号線で、高速に車が流れたのか思ったより空いています、流れは悪いですけど。そこからは裏道(R376号)を抜けて一気に山口市まで抜け、そのまま秋吉台へ。高校の頃春先に来たことがあったんですけど、その時は草が枯れていてさびしい感じだったんですけど、今回は新緑できれいでした。
 Tsunoshima その後は角島へ。角島は中国地方では有名なドライビングスポットですね。ということで予想通り結構な人出でした。うわさ通り、きれいな海の色をしていました。先月みた沖縄の海に近いような色をしていますね、本州にこんな場所があるとは驚きです。島内を軽く見学した後は、しばらく山陰側を進みます。途中、長門では千畳敷、萩では武家屋敷と萩城をちらっと見てきました。ところどころ山陰道の建設を進めているようでした。そうして、益田からはR191で広島へ戻ってきました。相変わらず夜の中国山地越えは暗くて走りづらいですけど、さすがに運転にも慣れてきていたので前回(昨年10月)より楽に走って来れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初の長距離ツーリング

 先日バイクを購入した雪太ですが、連休を利用して初のツーリングに出かけてみました。目的地は島根の「アクアス」です。行きは261号を使って江津方面からアプローチ。山間部を快適に走行してきました。目的地には昼過ぎに到着。Aquas 水族館としては可もなく不可もなくといった感じでしたがスナメリのバブルリングが見れたのは良かったです。帰りは浜田経由の186号で。のんびりしていたため日が暮れてしまっていました。夜の中国山地は真っ暗で結構走るが怖かったです。
 乗り始めてまだ1月も経っていないせいかまだまだ運転になれていないですね。特にコーナーとかはかなり改善の余地がありそうです。練習しなくては・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに購入!

 免許取得から一月ほどたちましたが、ついに我が家にMy Bikeがやってきました。

 車種は「エストレヤ 05年式」空冷単気筒250ccのレトロ型バイクです。通称名は「ミストラル」と名づけました。小型の方なのでやや小柄で体力のないボクでも結構楽に乗れます。まだまだ、操作に馴れきっていない感がありますけど、だんだんと慣らしていこうと思います。

 これからミスト君といろいろな冒険(?)をしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧