« 奥の細道 10' Part.1 | トップページ | リンゴを置いて歩こう! »

奥の細道 10' Part.2

こんばんは、雪太です。
今回は前回に引き続き、東北旅行後編です。

―再会!
平泉 中尊寺を見学した後は平泉からバスで達谷窟(たっこくのいわや)へ。ここは坂上田村麻呂が蝦夷討伐をした記念に建てられたもので、内部には毘沙門天がまつられています。迫り出した岩のくぼみに埋め込まれるように建てられていてなかなか変わった建物でした。
 達谷窟からはさらにバスで厳美渓へ。磐井川の水流によって岩が侵食されてできた渓流です。小さな滝みたいなのがいくつかあり、涼やかな気分を味わえました。
 厳美渓の後は一ノ関から仙台へ。仙台では先月から東北配属となった同期たちと久々に再会しました。せっかく仙台に来たということで、夕食は牛タン!かなり肉厚で柔らかでめちゃくちゃうまかったです もうそこらの牛タンは食えないぜw。その後、カラオケに行ったりして、その日は終了。同期の家に泊めていただきましたw。

9月6日
―松島や ああ松島や 松島や
一ノ関 最終日、出張に旅立つ同期を送り出した後 平日だったからねwオレは有給w、日本三景の一つ松島へ。松島は日本周遊旅行(06年)以来でした。前日に引き続き快晴を望んだんですが、うす曇・・・、どうも松島は天候に恵まれませんね。瑞巌寺など周辺の寺社を軽く見て回りました。
―奥座敷?
松島 松島を見学した後は仙台市内に戻り、そこから秋保温泉へ。一昨日に行った鳴子温泉とならび奥州三名湯のひとつで、出発前にTwitterで情報収集して得た場所です。郊外とはいえ仙台市内に温泉があるとは意外でした。有馬温泉とか箱根とかは関西や関東の奥座敷的な立場にありますが、ここもそんな感じなんですかね?保養地として開発されてきたようで、大型ホテルが林立していました。お湯は塩化物泉、透明度の高いお湯でした。
 温泉でゆっくりした後は、帰路へ。郡山―宇都宮は新幹線にしようかと思っていたのですが、結局全線下で。7時間ほどで帰りました。

 一年ぶりの東北、久々に同期たちにも会えたのでなかなかよい旅にできました。関東に戻ってからは東北もグンッと近くなりましたね。東北はいつも素通りに近かったんで、「奥の細道」シリーズとしてちょこちょこまわっていきましょうかねw今回の旅行の他の写真はフォトアルにまとめたのでそちらも見ていただけると幸いですw
それでは(*^o^)ノbye!

参加中~↓、応援感謝です
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

|

« 奥の細道 10' Part.1 | トップページ | リンゴを置いて歩こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188229/49639000

この記事へのトラックバック一覧です: 奥の細道 10' Part.2:

« 奥の細道 10' Part.1 | トップページ | リンゴを置いて歩こう! »