« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

奥の細道 10' Part.1

こんばんは、雪太です。
今回は9月4~6日で行ってきた、東北旅行の前編です。

9月4日
―北上
 今回も18きっぷ旅行ということで中央・武蔵野経由で東北(宇都宮)線へ。18きっぷ期間最終の土日だったせいかやたらと18きっぱーが多かったです。宇都宮、黒磯の乗換ではだんだん車両が減って行くので、ダッシュで頑張って席ととろうとしてる人とかも多くて・・・、オレくらいになるともう堂々と歩いていっても席取れるんですけどね。ホームを走るのは危険なのでできればやめた方がよいかと・・・。
 郡山まで18きっぷを使った後は乗り継ぎの関係で郡山→仙台は新幹線ワープ!郡山の新幹線ホームの発車メロディがJR-SH1(たぶん)だったのは驚きでした(中央線でよく聞くメロディ)
―こけしの温泉
鳴子温泉 仙台からは18きっぱーに戻り小牛田経由で鳴子温泉へと。駅に着くとちょうど臨時快速「リゾートみのり」が到着予定だったので、ついでに撮影 これの存在知っていたら他のダイヤの組み方合ったなぁ。鳴子温泉というとこけしが有名ですね。駅舎の中にもたくさん展示してありました。
 鳴子温泉では温泉神社参拝後、「滝の湯」へ。木造の浴室は温泉って雰囲気まんまんのいい感じのお風呂でした。値段も150円とリーズナブル!と、ここで一つ失敗。列車の時間を勘違いしており目の前で一本逃すという失態。ローカル線なので1時間に一本・・・><致命的ミスかと思われましたが古川→一ノ関新幹線で予定の電車に乗り継げることがわかり、一安心。その日はそのまま盛岡まで北上し、そこで一泊しました。

9月5日
―黄金郷へ
盛岡 2日目、素晴らしい快晴の空、やっぱり旅行中は天気がいいのに限りますwさてこの日は、平安末期に栄えた奥州藤原の里、平泉へ行ってきました。平泉は一ノ関の近くなんで盛岡まで来た意味あんまりなかったですねw
 かつては平安京につぐ大都市として栄えた平泉も、今は往年の面影なくよくある山里になってました。駅から中尊寺を目指しながらゆっくり散策。無量光院の跡とかちょくちょく遺構的なのがあり、往年の歴史が伝わってきますね。
平泉 そうして目的地中尊寺へ。中尊寺は金色堂で有名ですよね。金色堂以外にも境内にはたくさんのお堂が並んでおり結構な規模でした 弁慶堂の絵馬にはバカ受けwww。緑も豊かで、そこまで人も多くなかったので結構ゆっくりと見学できた気がします。まじめにまわるなら2時間くらい見ておくといいかもしれないですね。メインの金色堂はその黄金の輝きもさることながら、螺鈿などの細かい細工にも目を奪われました。いや、ホントすごかった。

 今回はココまで、後半に続きます。

参加中~↓、応援感謝です
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

日光編の写真UPしました左サイドバーからどうぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊豆の迷い子

こんばんは、雪太です!今回は夏の旅行記第2弾!

 18きっぷ夏旅行第2弾は8/28に伊豆の方へ行ってきました。今回はその旅行記です! 完全に2週間遅れくらいでの掲載になってる><、Twitterでつぶやきまくっていた東北編はまた次回

8月28日
―無計画
 今回は朝にどこ行くか決めたというかなーり、ゆるい感じでスタート。出発時間も9時過ぎとかなり遅め(昔なら1月前くらいから念入りな時刻表プランニングしてたのにね・・・)。今回は、関東未乗車路線開拓の意味もあり、八王子―横浜・相模線→茅ヶ崎→東海道線→御殿場線―東海道線→三島→修善寺という経路で・・・、行く予定でした、はい。ところが、サンダルの底がが剥離というトラブルに見舞われたりして、タイムロスの結果:八王子→厚木―小田急→御殿場線・・・に変更。いや、無計画でいくとろくなことのないですね ちなみ御殿場線はただ乗りたかっただけという実はかなりどうでもいい部分
―弘法の湯
修善寺 そんなくだらない経路変更などを経て、15時ごろに修善寺到着。修善寺温泉は平安時代に弘法大師が開いた修禅寺を中心とした温泉街で、温泉街の中心にある独鈷の湯は弘法大師が湧出させたという伝説の残る歴史の長い温泉街です。山間の静かな温泉地のため明治時代には文豪たちに愛されたそうですよ。バスまでに時間があったので駅で昼食がてらそばをいただきました。伊豆特産のわさびがそばと相性よくおいしかったです。
修禅寺 温泉地では修禅寺や独鈷の湯、竹林の小径、源頼家・範頼の墓などを散策。観光客もそれほど多くなく、先日の日光に比べるとかなりゆったりと見て回れました。今人的にはこれくらいのんびり回れるところの方が好きですね。温泉地に来たので当然温泉にも入浴。修禅寺近くの「筥(はこ)湯」というところに行ってきました。泉質はアルカリ単純泉、檜作りのシンプルな内装でなかなかゆったりできました。
修善寺 その後は帰路へ、帰りの伊豆箱根鉄道からは富士山がきれいに見れました。やっぱり伊豆辺りから見ると大きく見れますね。熱海からは今回もグリーン。どうも癖になってしまったようで、18きっぷでもちょっと優雅な旅にw

 そのあたりで今回の旅行記は終了です。かなりやっつけな旅でしたが、のんびり隠れ里てきな温泉街を回れたので、それなりに充実した旅になりました。伊豆・箱根エリアは小田急 or JRでかなり気楽に来れることもわかったので、また伊豆方面は訪れてみるかもですね、では(*^o^)ノbye!

参加中~↓、応援感謝です
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

う~ん、平日はなかなか記事をまとめる時間が取れませんね、もう少し文章力がほしい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »