« おまえの罪、それは… | トップページ | 新たな仲間 »

時を越えて

帰っておいでGW…、あっども雪太です!

 冒頭通り、終わっちゃいましたねGW。社会人になってこの連休の大切さがしみじみとわかりました…。みなさんは、よい連休を過ごされましたか?
オレは

 ・映画(いまさらながらLIAR GAME)。
 ・同期とアキバでメイド喫茶初体験。
 ・某有名焼き肉店へ。
 ・服やら本やらの買い出し。

…などしてそこそこ充実した連休になりました。

 この連休で特に大きかったのは、小学校の時からの友達と再会できたことですね。小4の夏以来だったんでなんと15年ぶり!会う前はお互い顔わかるかな的な雰囲気だったんだけど、会ったらすぐに認識成功!15年のブランクも乗り越え普通に打ち解けられて、ボーリングとかカラオケとかで遊んできました~vいや~、ホントいい友達を持ちました。
 同期・大学・高校・ネットetc...と人 to 人のつながりって尊いなぁって思う今日この頃です 職場に同年代の人がいない為もあるんだろうけど
多少は充電できたので、来週からも仕事がんばります!
それでは、(*・o・)ノbye

日々の応援に感謝↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村

p.s. いまさらながら春休みの旅行の写真アルバムまとめました(左サイドバー)。お時間のある方は見てってください♪ アルバム:いい日旅立ち~西 ちなみに本文記事:南1, 2, 北1, 2, 3, , 西

|

« おまえの罪、それは… | トップページ | 新たな仲間 »

コメント

15年ぶりとはすごいですね~
なかなか連絡取れない気がします。。

それにしても研究室ってやっぱり同年代は少ないものなんですね。。

来年研究室配属になるのでちょっと知りたいんですが、就職に有利な分野って、今でも有機系なのでしょうか??
有機は好きなので行くのにためらいは無いのですが、ちょっと他のところ(天然物薬学系)も考えていまして・・・。


こんなところでこんな重い質問してすみません・・・。
また雪太さんのお暇な時に軽~く教えてください。
よろしくお願いします~。

投稿: 名もなき黒猫 | 2010年5月 9日 00:34

>名もなき黒猫さん
コメントありがとうございます!

製薬企業の研究職を希望する場合の話でいいですかね?

有機を含め薬学部観点から語ちゃいますと…

 有機合成系からの就職だと創薬・工業化の分野が主になります。創薬は自社開発力のある中堅~大手の他、候補化合物のライセンス販売してるメーカーでも需要があるために、選択できる企業幅は広くなるので有利であるとは思います。あと、有機合成の研究室数も少ないのでそれもありますね。
 一方で生物系も薬理、安全性などで需要はありますが、自社開発している企業に限られるので倍率的には高くなりますね。ちなみに研究で動物を扱っているほうが有利です。
 製剤系は薬学部のオリジナル性(理工系とかぶりにくい)が一番出せる分野で企業幅もある程度ありますが採用人数が少ないのがネックです。
 最後に天然物系ですが扱っている企業が少ないので、自分の研究分野を直接生かすのは難しいかもしれません。

 以上が一般的な傾向ですが、大学での研究の重視度は企業によってまちまちですし、大学ネームや教授powerなどの要素が絡むこともあります。
 個人的には何を研究していたかより、研究活動を通じて何を学んできたかの方が大事になってくるんじゃないかと思います。実際、オレのところは分子生物系のやや不利な研究室だったけど、研究志望者みな製薬・食品・化粧品の研究職取れたので・・・。
 必要以上に就職を意識して研究室を選ぶよりは、自分の興味のある分野を選んでそこで色々やったほうがいい結果が得られるかもしれませんね。

 長々と書いてしまいましたが、参考になれば幸いです。また、何かあればコメントやメール(→サイドバー)にどうぞ!わかる範囲でお答えします(^^)

投稿: 雪太 | 2010年5月11日 22:49

こんなに丁寧に・・・ホントありがとうございます!!

やっぱり薬理系は枠の大きさが厳しいんですね・・・。
僕のところの大学も、今年はなかなか厳しい状況と伺いました。

有機合成の研究室が少ないとは驚きました。
うちは5個くらいあるんで・・・貴重な情報ありがとうございます~!


まぁまずは行きたい研究室に行けるだけの成績をとれるよう頑張りますw


ではホントにありがとうございました!

投稿: 名もなき黒猫 | 2010年5月12日 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188229/48299366

この記事へのトラックバック一覧です: 時を越えて:

« おまえの罪、それは… | トップページ | 新たな仲間 »