« いい日旅立ち―北へ Part.2 | トップページ | ドナドナド~ナド~ナ~ »

いい日旅立ち―北へ Part.3

こんばんは、雪太です!
今回も北海道旅行の旅行記、後編です。
バックナンバー→前編中編

3月8日
―沼の上
大沼 この日はまず、函館のちょっと北にある大沼公園へ行ってきました。大沼公園は一昨年の夏にも行ってるんですけどね、その時は駒ケ岳が天気が悪くて見れなかったのでリベンジです。今回も晴れ時々雪と若干天候が懸念されたんですが、実際行ってみるとちょうど雲が晴れて、大沼の向こうに駒ケ岳を望むことができました。そうそう、この大沼ですが(写真手前の湖)、御覧の通り冬季は一面に氷が張ってます。そして、この氷がなかなか丈夫で、普通に乗って歩いたり、スノーモービルとかで上を走ったりできます。今回オレは乗ってないですが、スノーモービルで凍った沼の上を見て回るサービスとかもやっているので、冬季に行かれる方は乗ってみるのもいいかもしれませんよ。
―湯の谷
 大沼から再び函館に戻り函館から札幌方面に戻ります。その途中には、登別に立ち寄ってきました。登別は言わずと知れた温泉地ですね。冬はやっぱり温泉です と言いつつ夏にも来ている…。この登別温泉のお湯は9~11の泉質にも及ぶそうですね。ちなみに、この登別もそうですが硫黄泉に入られる時はシルバーアクセサリーの管理には気をつけた方がいいですよ、硫化して黒くなりやすいので。入るとき外してても、出てすぐつけると表皮に残った成分で黒ずむこともあるので注意しましょう オレも以前指輪を…ううう
 登別の後は札幌へ。札幌では札幌名物スープカレーをいただきました。以前北大の友達に教えてもらった店に行ったんですが 思い出すのに20分ほど寒空の下迷った…、その店は辛さが100段階あるんですよね、ちなみにメニューいわく一般的な中辛が3。気違い辛いのしようかと思ったんですが、無難に6にしときました それでもまぁまぁ辛かったので100とかどんなんよ…ヒーハー

3月9日
―さらば、北の大地よ
運河 旅行最終日この日は小樽に行ってきました。小樽は←の運河とかが有名ですよね。小樽は北海道開拓時代には、北海道の主要な港町として発達し、日銀をはじめ様々な銀行の支店がおかれ北のウォール街とも呼ばれた町でした…そうですよ、見学してきた旧日銀小樽支店の金融博物館で学んできました。ここは入館無料で、貨幣の歴史とか銀行の金庫とかが見学できるので興味ある方はとうぞ。
 小樽見学後は帰路へ。そうそう北海道へのアクセスは新千歳空港が多いと思いますが、この新千歳と札幌を結ぶ「快速エアポート」の車両は1時間に一本程度、特急「SPカムイ」の車両を使ってるんですよ、旭川からの特急を直通で新千歳に回しているため。札幌―新千歳間は快速扱いなんでうまく時間を選べば普通運賃だけで特急車両に乗車できます、ちょっとリッチな気分になれるので狙ってみるのもいいかもしれませんよ。新千歳からは神戸経由で広島へと戻りました 札幌―広島便ないって不便…ちなみにJALは運航してます

 というわけで、今回の旅行記は終了です。卒業記念旅行第2弾ってことで行ってきた今回の旅、冬に北海道に行くのは3回目ですがやっぱ半端なく寒いですね。稚内~青函トンネルと北海道を縦断したんで北海道の広さが改めて感じられたように思います。
それでは、(*・O・)ノbye!

参加中~↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

後日、各所の写真と観光ガイド的なのはフォトアルにまとめるのでそちらもよかったら見てください。

|

« いい日旅立ち―北へ Part.2 | トップページ | ドナドナド~ナド~ナ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188229/47801215

この記事へのトラックバック一覧です: いい日旅立ち―北へ Part.3:

« いい日旅立ち―北へ Part.2 | トップページ | ドナドナド~ナド~ナ~ »