« 夏たびPart.3、北陸へ | トップページ | 立山・黒部のたび その2 »

立山・黒部のたび その1

 こんばんは、雪太です。今日は黒部峡谷鉄道に乗ってきました。

8月31日
P8310851  魚津から宇奈月へとまずは地鉄で移動。宇奈月からはいよいよ峡谷鉄道です。これは関電が黒部川の各発電所間の物資や人の輸送のために作ったものなのですが、宇奈月~欅平間は観光客にも開放しているというものです。そのため沿線に駅はいくつかありますが一般人が降りれるのは宇奈月、黒薙、鐘釣、欅平の4つだけです。なおこの鉄道雪深い冬の間は運休で関電の職員のみなさんは線路横をずっと通っている冬季トンネルを数時間かけて歩いていくそうです、大変ですね。
 宇奈月から乗車してまずは鐘釣を目指します。観光列車ということで、沿線の案内放送が随所で入ります。ちなみに声は女優の室井滋さん、こういったナレーションに有名人を起用するのは珍しい気がします。
 一時間ほどで鐘釣到着。ここには万年雪があるはずなんですが…暖冬と大雨により跡形もなかったです…。他には河原の温泉があります。完全に野湯なんで、普通に入るにはかなり抵抗がありますが行った時は全然人がいなかったので、岩陰になってる方に入ってきました。観光客がたくさんくる時期は足湯がいいとこかもしれません。
P8310892  そのあとは終点欅平へ。ちなみに欅平から黒部第4発電所に通じる線路もあるんですが、そちらは関電関係者専用になっていて、黒部ルート見学会に応募して選ばれた人だけが行くことができます。欅平では猿渡という渓流のきれいなところを見て、名剣温泉にいってきました。曇りだったのが残念でしたが、滝の様に流れていく川はかなり迫力がありました。
 そのあとは、峡谷鉄道で宇奈月に戻り、富山まで行って宿泊です。峡谷鉄道はトロッコ列車になってるんでかなり涼しい、というか寒いくらいでした。今回は8月ももう終わりだったのでスムーズに乗れましたが、シーズンにはかなり混んで、希望の列車に乗れないこともあるそうです。公式ホームページから事前に予約も出来るので、混みそうな(GW、お盆など)に行かれる方は予約していった方がいいかもしれません。

押してもらえると嬉しいです↓
人気ブログランキングへ

|

« 夏たびPart.3、北陸へ | トップページ | 立山・黒部のたび その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188229/46091954

この記事へのトラックバック一覧です: 立山・黒部のたび その1:

« 夏たびPart.3、北陸へ | トップページ | 立山・黒部のたび その2 »