« 道南から道央、そして北の大地との別れ | トップページ | 日本桜紀行2007 »

出雲路の旅

Matsue 3月17日
 2007春旅行第2弾、今回は山陰へといって来ました。山陰って中国地方なのに広島から電車で行くと結構遠いんですよね。行きは倉敷経由、伯備線で山陰へと抜けました。途中、雪をかぶった大山が見えてとってもキレイでしたよ。
 初日の目的地は松江。松江は小学校以来です。松江城や武家屋敷など市内の観光地を回ってみました。余談ですけど松江城の天守閣は日本に12しかない現存天守の一つなんですよ。最後に宍道湖の夕焼けを見たかったのですがあいにく雲に隠れ見えませんでした。ちょっと残念。

Izumo3月18日
 今日は出雲大社へといって来ました。まずは山陰線と一畑電車で移動です。出雲大社はやっぱり広かったです。観光バスとかもかなり来ているようで結構な人手でした。境内では桜がもう咲いていました。(ソメイヨシノとは違う種類でしたけど・・・)
 出雲大社のあとは家路へと。帰りは三江線経由で戻りました。一部区間が代行バス運転でした。日本でも有数の過疎路線だけあってかなり閑散としていました。高架の途中にある駅があったのは驚きでした。(宇都井という駅で結構有名みたいです)
 山陰は近いわりに移動に時間がかかってやっぱり大変でした。やはり割安18きっぷでないと割に合わない気が・・・

行程:
広島―倉敷経由→松江
松江→出雲市―江津経由→広島

|

« 道南から道央、そして北の大地との別れ | トップページ | 日本桜紀行2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188229/15542597

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲路の旅:

« 道南から道央、そして北の大地との別れ | トップページ | 日本桜紀行2007 »