« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

旅の終わりに

 今年の夏は「日本周遊旅行」と名をうって全三部にわたる大旅行となりました。主要四島+沖縄で、通過を含めて26都道府県と全国の半数以上を一月あまりで回ってしまいました。振り返ってみると、8月中はほとんど旅行していた感じですね。こんな事ができるのも学生だからなんでしょうが。かなり強硬日程ばかりでしたが、日本の様々な魅力を見てまわる事ができて大変いい経験になったと思います。個人的にはやっぱり北海道が一番気に入りましたね。沖縄の離島部は今回の旅では回れなかったので今度機会があればぜひ行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道の大パノラマ!

Hok0608263 8月26日
 昨日の夜乗った急行はまなすで早朝苫小牧到着。追分経由で新夕張へ。新夕張から新得は特急乗車可能の特例区間なので特急に乗れました。新得から富良野に抜けて、富良野からは観光列車の富良野美瑛ノロッコ号に乗車。その名のとおりのんびり走る列車でした。
Hok0608264  美瑛では、レンタサイクルを借りて散策。天気も快晴で本当に気持ちよかったです。美馬牛では四季彩の丘を見学しました。色とりどりの花が植えられていてここもすごく綺麗でした。そのあとは、滝川経由で札幌へとやってきました。

Hok06082728月27日
 今日は室蘭、小樽、札幌をまわりました。
 まずは室蘭へ。母恋駅で降りて地球岬へいってきました。行く途中で他の室蘭八景金屏風やトッカリショ も見れました。トッカリショはかなり綺麗でしたよ。本題の地球岬もとても眺めのいいところでした。天気がよかったのでかなり遠くのほうまで見ることができました。
Hok0608274  そのあとは一気に小樽へ逆戻り。あんまり時間は取れませんでしたが、運河とか北のウォール街とかを見てまわりました。最後は札幌。札幌では藻岩山に登って夜景を見てきました。展望台からの夜景は本当にきれいでしばらく見ていました。ただ、風がものすごく強く、かなり寒かったですが。

Hok06082818月28日
 札幌市内をふらふらしました。大通公園ではちょうど花壇展みたいなものをやっていて、いろいろな花壇が作られていて綺麗でした。北海道はすでに秋の気配がただよい始めていましたね。そのあとはサッポロビール園へ。中まで見学していませんが、外観はレトロな感じでよかったです。ビールの資料館とかがあるようです。
 そのあとは、羽田に帰ったわけですが、ここでトラブル、飛行機が、利用機の到着遅れとかで遅れになったんです。お詫びに搭乗予定者にはANAショップで使える商品券1000円分がもらえたんですが、商品券当日限りしかも新千歳空港のみ可って微妙に使いづらい・・・。それでお土産を買ったからいいんですけどね。そんなトラブルに見舞われながらも東京へと帰還。
 周遊旅行第3弾。広島から北海道まで陸路のなかなかハードな行程でしたが、いろいろなものが見れて楽しかったです。

行程:
→新夕張→富良野→美瑛→札幌
札幌→室蘭→小樽→札幌
札幌→新千歳AP→羽田AP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道突入

Hok06082438月24日
 今日は北上を出発して北海道まで北上です。途中、盛岡からは3セクで18きっぷでは乗車できない痛い区間なんですが、今回利用している北海道&東日本パスはこの区間も有効なので難なく通過。淡々と八戸、青森と進み、津軽線、蟹田から特急に乗り換え。ここ蟹田から木古内までは相互発着にかぎり普通乗車券だけで特急に乗れる特例区間。やっぱり特急は乗り心地がよかったです。そうして青函トンネルをくぐり北海道入り、竜飛海底と吉岡海底で若干明かりが見えるほかは特に変哲もないトンネルでした。
 北海道は気持ちよく晴れていました。函館では五稜郭を見学。五稜郭は戊辰戦争の終焉の地。五稜郭タワーから見た五稜郭は写真のとおりきれいな星型でした。そのあとは函館山。日本三大夜景を見てきました。夜景は本当に綺麗でしたけど、観光客特にツアー客の多さにはちょっとげんなりです。

Hok06082528月25日
 今日は海底駅の見学に行きました。海底駅は吉岡海底と竜飛海底の二つがあるんですが、今回は吉岡海底に。見た目は普通のトンネルですが、中は迷路のような入り組んでいました。あんまり海底にいる感じはありません。
 朝とお昼には函館の海鮮どんぶりをいただいました。めっちゃおいしかったです。やっぱり本場は違います。夕方には本土に戻り、浅虫温泉にいってきました。ゆーさ浅虫というところを利用しましたが、眺めが最高でした。
 今日は夜行急行「はまなす」で、北海道を進んでゆきます。

行程:
北上→蟹田→木古内→函館
函館→吉岡海底→函館―はまなす→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陽道・東海道そして奥州街道へ

8月21日
 今日から周遊旅行第3弾―東北・北海道編のスタートです。初日の今日は名古屋から「MLながら」という移動だけの日です。
 18きっぷを持って広島駅を出発。名古屋までの長旅の始まりです。途中の米原まではずっと下。米原―名古屋間だけ新幹線を利用しました。そして、本日の最後は「MLながら」。夜行快速は何度か乗ったことがあるけど、ながらに乗車するのは今回が初めて。座席は通路側座席だったんですけど…隣席の人が通路側と窓側を代わって欲しいとの事でラッキーにも窓側席をGETできました。そんなところで、今日のとこは終わりです。

Fks06082218月22日
 夜行列車で早朝に東京駅へ到着、上野から東北本線に乗り換え。今回はちょっとリッチにグリーン車に乗っちゃいました。SUICAをピッピッ、便利になったもんですね。その後、宇都宮、黒磯で乗り換え郡山へと到着しました。郡山からは磐越西線快速電車。会津若松へと向かいました。
会津に来た目的は鶴ヶ城の見学です。この城は天守から干飯櫓まで伸びる走長屋が特徴的ですね。なお、この天守はコンクリートによる復元天守で、内部は博物館になっています。そのあとは、少し離れたところにある御薬園という大名庭園に行くことに。庭園に薬草園があるのは珍しいですね。規模は大きくないものの木々と池の配置がいい感じでした。
 そのあとは郡山へ逆戻りです。郡山からは再び北上。2時間ほどで仙台に到着しました。

Myg06082338月23日
今日は仙台周辺の観光をしました。まずは仙台城址へとむかいます。仙台城、別名青葉城は、石垣などの遺構がわずかながらにのこっています。青葉城資料展示館というのがあったので入ってみることに。中には伊達家縁の鎧や刀、古文書や城のジオラマなどが展示されてました。
 次は仙台を後にして日本三景松島へ。松島駅から松島海岸駅のほうへと散歩してみました。日本三景といわれるだけあってなかなかキレイです。天気が良ければもっと良かったかも。向かいの福浦島や、五大堂、国宝瑞巌寺などを見学して回りました。瑞巌寺は立派なお寺でした。そのあとは双観山展望台へ。歩くとかなり距離がありましたが眺めは展望台というだけあって他の場所よりはキレイかな。
 仙台に戻ったら、さらに北上開始。車内で―「ただいま、大雨の影響で有壁~一ノ関間で運転を見合わせております。」という心配な放送がありましたが、徐行運転ながらも一ノ関に到着しました。今日は北上まで来て終了です。

行程:
広島→名古屋―MLながら→東京→郡山→会津若松→仙台→北上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薩摩から沖縄へ初上陸

Kagoshima8月16日
 今日は鹿児島市内の観光をしてきました。今回利用するのは鹿児島シティビューの一日乗車券を購入。このきっぷは鹿児島市内の周遊観光バス鹿児島シティビューと市営バス、市電に一日乗り放題になるほか、主要観光施設の割引特典のついているお得切符です。
 周遊バスを走らせたりして、鹿児島は結構観光に力を入れている様子でした。新幹線開通も大きいのかな。周遊バスにより維新ふるさと館→鹿児島県歴史資料センター「黎明館」→城山公園→西郷南洲顕彰館→仙巌園(磯庭園)と行ったコースで廻ってみました。鹿児島の歴史や文化が結構よくわかった気がします。駅に戻ったら、今度は空港へ。沖縄那覇空港へと飛びます。1時間半ほどのフライトで、沖縄へと到着しました。沖縄へは初上陸。沖縄は空気も本土とはちょっと違う気がします。

8月17日
 今日は首里城へいってきました。首里までは那覇市中心部からモノレールで15分ぐらいです。首里駅からはあるいて15分ぐらいですね。首里城は琉球の城なので日本のほかの城とは全く異なった構造の城でした。世界遺産にも登録されていますね。本殿は、朱色を基調とした鮮やかな建物で日本というよりは中国ぽい感じがしました。首里城内の守礼門も見てきました。さすが日本三がっかりの一つ。えっ、これなのって感じでした。しかも裏で工事しるし。
 そのあとはその周辺を見学。石畳の道とかを見てまわりました。那覇市内中心部に戻ってからは、海岸線を散歩。途中の海水浴場で少し泳いできました。しかし、沖縄は暑いですね、湿度が高いためか蒸し蒸しします。

8月18日
 今日も那覇を見てまわりました。天候は九州に上陸した台風の影響で曇り。本当は沖縄方面に来るところだったので僕は運がいいですね。とはいえ南の島に来たのに今回は天候には恵まれませんね。今日も那覇市内をぶらぶら。交通網をあんまり調べてこなかったので那覇から出られない現状・・・。沖縄らしくソーキソバとかを食べたり、国際通りお土産を買ったりしてすごしました。
 そのあとは広島へと帰還。広島空港まで直通便があるというのは便利ですね。
 これで周遊旅行―九州・沖縄編は終わりです。九州はいろいろと見どころがありますね。沖縄はあんまり観光できていない感じがしたので、また訪れたいと思います。3日後からは東北・北海道編のスタートです。

行程:
鹿児島AP→那覇AP
那覇AP→広島AP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿蘇、そして鹿児島へ

Aso1 8月14日
今日は阿蘇山に行ってきました。とりあえず駅に行って切符を購入、どこまで買えばいいか分からず、とりあえず宮地駅まで行ってみることに。40分ほど乗っているとあたりはすっかり山の中。次第に阿蘇五岳が見えてきました。あたりは高原で、まるで北海道のようでした。山を横目にとりあえず宮地駅到着。駅前にバスがないか調べますが、どうやら火口へ行くロープウェイ乗り場へのバスは2駅前の阿蘇駅から出ている様子。戻ろうにも列車は今出たばかりでしばらくこない。もう少し調べると、バスの行っているのとは異なるロープウェイはここが最寄り駅らしく、約6kmということが分かり、歩いていくことに。
 炎天下の中、ふらふらになりながらも1時間半ほどで到着。とりあえず、水分補給して人心地ついたらロープウェイで火口口へ。中岳山頂付近は生憎の曇り空。でも、もくもくと噴煙を上げる火口は良く見えました。そのあとは再び駅まで歩き、もうくたくた。まっすぐ帰るには少し早かったので、阿蘇駅でいったん降りて周辺を散歩。夕暮れの阿蘇山もキレイでした。そのあと素直に熊本市内戻ってきました。

Yitoyoshi8月15日
 今日は九州をさらに南下、鹿児島へと向かいました。熊本駅を出発後、鹿児島本線で八代へ。ここから先は肥薩オレンジ鉄道と18きっぷでいけないので、内陸の肥薩線を利用しました。人吉までは川沿いをのんびりと走っていきます。人吉では、乗り継ぎに時間があったのでちょっと温泉へ。
人吉からは観光列車『いさぶろう』に乗車します。人吉―吉松間は肥薩線きっての難所だそうで、ループ線やスイッチバックなど、いろいろな工夫がされていました。途中の矢岳駅にはSLの展示もあり、日本三大車窓のひとつもありました。間にはたった3駅しかない区間ですがなかなかおもしろい路線でした。
 吉松・隼人で乗り換えて鹿児島中央到着。そのあとはさらに南下して指宿まで行ってきました。指宿といえば砂蒸し温泉。ぽかぽかして、なかなか気持ちが良かったです。そのあとは再び鹿児島に戻りました。

行程:
水前寺→宮地→阿蘇→熊本
水前寺→人吉→吉松→指宿→鹿児島中央

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑~い、熱~い

8月12日
 日本周遊旅行―九州・沖縄編。
初日の今日は、高速バスで広島から福岡へとむかいます。
 バスは定刻どおり発車。順調なスタートかと思いきや…、山陽道に乗るといきなりの渋滞!考えてみればお盆が近いのでこの時期は道路が混むんですね。
 途中、美東SAで一回休憩。SAのGSには車が長々と列を成していました。安いガソリンを求め並んでいるようです。所定の時間より約1時間ほど遅れての到着のようです。お急ぎの人は大変だったかもね、でもそんな人はバス使わないか…。そのあとは特に用もないので、天神あたりをふらふら。 本日はここまでです。

Beppu8月13日
 今日は福岡を旅立ち、別府に行ってきました。出発は4:52の門司港行きで9時過ぎには別府に到着です。
 とりあえず、地獄巡りでもしてみようかと思い、バスで「鉄輪温泉」へ。海地獄→鬼石坊主地獄→山地獄→かま地獄→鬼山地獄→白池地獄とまずは隣接している6つを観覧。残り2つはこれらから約3kmほど離れていて、車かバスでどうぞ、って雰囲気だったけど3kmぐらいなら歩けるだろうということで歩いていくことに。道は高台を通っているので途中別府の市街地が見下ろせてなかなか眺めは良好。30分ちょい歩くと、残りの血の池地獄と竜巻地獄に着きました。
 さすがに疲れたので帰りはバスに。珍しい色をしていたり、ワニがいたり、間欠泉があったりと、それぞれ一風変っていてなかなか。ただ、暑い!熱湯が噴出しているわけだから暑いのは当たり前なんだけど、やっぱ夏に廻るのは少しきつかった。そのあとはまだ時間があったので温泉につかってのんびり~。やっぱり、温泉は気持ち良かったです。
 別府を出発後、九州を横断し熊本に行きます。が、ここでトラブル発生!豊後竹田駅で大雨のためこの駅で運転中止→次の特急はたぶん運転できるかそれで行って下さい、宮地までは18きっぷでも乗れるように手配しますのでとのこと。仕方なく駅で待つこと1時間半、特急は無事に運行していました。考えてみるとただで特急に乗れたんだから案外徳だったかも。宮地でもちょうど良く普通列車の接続があったので、結局予定の1時間遅れぐらいで熊本に到着できました。

行程:
広島BC→博多BT
博多→別府→水前寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は海遊館へ!

Iruka 日本周遊旅行―大阪編ということで、18きっぷで日帰り大阪です。本当はML九州を使って次の九州沖縄編に繋ぎたかったのですが、お盆が近く切符が取れず断念、単発(12日から九州沖縄なので連続日程だけど)で行くことになりました。今回は海遊館に行ってきました。水族館は好きなのですが、ここにはまだ来たことがなかったのです。
大阪ではOSAKA海遊きっぷ(大阪市内版)を購入。このきっぷは海遊館の入場券と大阪市営のバス・地下鉄の一日乗車券がセットになっていて、お値段は2,400円。入場料+地下鉄で梅田―大阪港を往復するだけでも通常より安くなります。大阪港に着いたらまっすぐ海遊館には向かわず、ちょっと寄り道。海遊館の近くには天保山公園があるんです。天保山は日本で一番低い山なんですよ。実際行ってみると・・・、何処が山なんだ~?といった感じ。

Same さて、寄り道もそこそこに海遊館へ。夏休みということもあいまってかなりの人手でした。水槽に近づくのもなかなか大変。でも、水槽の規模はさすがにでかい!どの水槽もかなりの大きさがあります。海水魚から淡水魚だけでなく、水生の哺乳類、爬虫類やカニ、エビ、クラゲ、さらには陸生の動物まで多種多様な生き物がいました。水生の動物(イルカ、アザラシ、アシカ、ラッコ、ペンギン)がたくさんいて、楽しかったです。特に好きなラッコが見られてよかったです。他にも、マンタなど、珍しいのもけっこうみれました。ただ、かなりの人出・・・、やっぱり人の多いところは疲れる・・・。
 明日からは日本周遊旅行―九州・沖縄編のスタートです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »